どのような歴史の中で人材派遣業界が成長していったのか

人材派遣

派遣法改正による影響

労働者派遣法が改正になり、多くの派遣会社に影響をもたらしました。中でも中小の派遣会社は倒産するようなケースも出てきました。なぜ倒産をしてしまうようになったのでしょうか。その理由は、派遣法改正により派遣会社が負担するコストが上がったことが影響してきます。派遣法改正により、労働者にキャリアアップ措置を取ることを義務付けています。
教育訓練が義務付けられていたり、派遣労働者が希望をすればキャリアコンサルティングをしていくといったように手厚い措置をしていくようになりました。派遣労働者の雇用安定措置を取るようになっています。さらに労働契約法の改正により、有期労働者の無期雇用転換ルールができたりと人材の抱え込みをしていく体制が国として整ってきつつあります。
よって、人材派遣よりも人材アウトソーシングサービスを使う企業が増えてきており、中小の人材派遣会社まで人が回って来ず、倒産に追い込まれるケースが増えてきています。キャリアアップ支援による事業継続コストの増加によって、経営体力が乏しい中小規模の派遣会社は経営の重みになっており、事業継続が困難になってきています。さらに規模感の違いによって賃金格差も起きているので、大手派遣会社優位の構図は続いていくでしょう。

トピックス

人材派遣業は優秀なコーディネーター

人材派遣業は、優秀なコーディネーターがたくさん存在するのです。コーディネーターは、派遣登録スタ…

more

人材派遣が行える業種とは

世の中には数多くの業種が存在しており、自分にピッタリな仕事を探す事が出来ています。仕事に従事し…

more

人材派遣会社を選ぶポイントについて

正社員として働くメリットはたくさんありますが、仕事のことに一生懸命になりすぎてプライベートを充…

more

派遣法改正による影響

労働者派遣法が改正になり、多くの派遣会社に影響をもたらしました。中でも中小の派遣会社は倒産する…

more